こーだいなブログ

兵庫県在住フリーライターによる日常の思索のブログです

宣宣宣伝

どーも西原です。

 

 

 

 

 

 

ってやつね。やつのやつのそのまたやつやから、大体100年ぐらい前かな。創業して。

老舗感でるよね。信頼と実績がありそうで、意外になかったりあったり。

でも結局老舗にしよかってなるからね。人間ってやつはほんとに。

 

 

 

 

 

タイトルは前前前世みたいにしました。そうしたら検索してくれるかなって。

君の名は。つって。人気に乗っかろうかと思って。RADもよくでてくるし。

今更遅い?てかまだ観てないから何とも言えんねんけど。観るけどそのうち。

 

 

 

 

 

 

noteっていうのが書いても前前前世広がらんから、つまり全然広がらんからこっちでも宣伝しようかって思って。

全文無料やから読んでほしい&広めてほしい&感想欲しいのよね。

分からんとかつまらんでもいいから。とにかく新しい刺激が必要なのねん。

note.mu

 

 

 

 

 

写真の犬は関係ありません。ってかこのブログでよく動物でてくるけど関係ありません。

動物すきやからそうしてるだけ。癒されるやん動物。スタッフはおいしくいただきません。仲良く暮らしてます。永劫。foreverってアドレスに入れるん流行ったよね。恋人の。

 

 

 

 

 

一応エッセイというのかコラムというのか。コラムって実際あんまり意味すら分かってないんやけど。感傷的に詩的なことを私的な理由で書いてますので。

次は超短編の、ストーリー調の、フィクションを書いてみようかと思っていたりいなかったり。ラジバンダリ。今が一番おもしろいやろラジバンダリ。

 

 

 

 

 

昨日サディズムマゾヒズムの話を書いてたんやけど。まあいきなりやけど。

そんなハードな話じゃないよ。概念の、ソフトな話。ソフトボール。全然ソフトちゃうやん。ビックボールやん。ハンバーグやん。ビックボーイやん。行ったことない。

 

 

 

 

 

 

究極のマゾヒズムサディズムにイコールよねって話。まあ極度のマゾヒズムサディズムを飲み込むってのはよく知られてるけどね。知らん?SMの話。

えーめっちゃMやん。引くわ。みたいな。

 

 

 

 

 

 

究極のマゾヒズムって自分を完全に破壊することを求めてるんやと思うのよね。

自分の最期を迫るっていう。普通最期は突きつけられたり、突然やってくるものであって、それは自分のものであって。他人の最期を委ねられることってないのよね。基本は。

 

 

 

 

 

でもそれを迫るってことは相手に自分の最期を差し出して迫るっていうことは、拳銃渡して、引き金に手をかけさせて自分に向けさせるみたいなことで。

拳銃ならいいけどナイフとか、もっと攻撃力のあるものならそれはもっと悲惨で。

それを相手に強要するっていうのはものすごいサディスティックなことやと思うのよね。

 

 

 

 

もしそれで成立したら究極のサディストになって、自分はオサラババイバイで、後に残されたほうは、まあ色々ダメージ受けるよね。

精神的にも社会的にも。後のことはほったらかしで。

 

 

 

 

 

で、究極のサディズムは反対に何かっていうと相手の望むことを一切しないわけで。

最期を迫るやつには始まりを、永続を求めるやつには終着を、求めるやつには無を、求めないやつには過剰をで色々変わってくるのよね。

 

 

 

 

 

 

最期を与える場合もあるけど、それが必ずしも究極の姿ではなくて。

だから最も危険なのはマゾヒズム的思考なわけよ。貪欲という業。欲しがりません勝つまでは。平成狸合戦ぽんぽこ。あれすきやねん。たぬきいっぱいでるから。おもしろいから。何回も観てるねん。ビデオ時代に。ぽんぽこ。たぬき。ちょいやっさ。

 

 

 

 

 

だからみんなnoteも見てなっていう。宣伝。いかつい宣伝。

伝。肉。焼肉という悪魔。お腹いっぱいなるから。

 

 

 

 

 

 

 

🈡

書き分けかきわけ関脇。

どーも西原です。

 

 

 

 

 

 

 

ってやつね。やつねったらやつね。投げやりだよね。でもでもね。

 

 

 

 

 

 

 

noteっていうサイトにもブログのようなもの書いてまして。

ツイッターのプロフィールに固定してるから見てね。

ここより有料ってなってるけど、全文無料やから、良かったらお金くださいシステムやから安心してね。

エッセイというのか、なんというのかこことは違う感じで書いてるからみてね。

 

 

 

 

インスタはじめまして。挨拶ちゃうで。始めたっていうお知らせ。

フォロミーぷりーず。あんまり使い方分かってないけど。

猫とビンの写真だけ、とりあえずアップしてますよって。

 

 

 

 

 

 

色々なところに文章を書いているわけでして。

日中は主にお金になること書いてて、自分を殺して求められることを書いて。

 

 

 

 

 

 

夕方とか夜は自分の考えたことをつらつらと書いているわけで。

色々な文体で書いているわけで。どれも表情が違う(はず)なわけで。

でも本心は同じで。

 

 

 

 

 

もっと邪悪なことを書いている日もあるわけで。でもそれは公開はされていないわけで。

後悔もしていない。何なら自分の方向性の航海の真っ最中なわけで。

ボンボヤージュなうって呟いている。呟いてはないけど。インスタにもあげてないけど。

インスタってなんていうん。呟くじゃなくて。載せる?写真を掲載する?

分からんけど、一律してあげるなんかな。知らんけど。伝家の宝刀。一家に一台。

 

 

 

 

 

書き分けてると、あれここではどんな文体やっけてなったり、変な文になったり。

違うとこの書き方が混ざったり。でもそれも含めて愛しくてって自分の話。

自分すきやで僕。そのほうが幸せやでみんな。

全部ひっくるめて自分なわけで。それが自然なことで。夏は暑いわけですよ。

 

 

 

 

 

 

書き分けるっていうときの自分を殺すっていうのは自分を削っていく作業やと思うんです。

で、削った先に自分の個性とか思いとか濃厚で重厚な強度の高い存在がみえてくるわけで。

ボクサーの減量みたいな。ボクサーの原料。多分人と筋肉。

 

 

 

 

でも削った自分は無駄じゃななくて。削れてるところにも自分はいるわけで。

意外とそっちが大事やったりするときもあったり、なかったり、あったり。

はったりかましてまったり。どや。

 

 

 

 

 

結局得るもの捨てるもの、全部含めて自分やから大事にせなあかんよっていう道徳の話。

選ぶ自分、選ばない自分。選ぶことを選ばなかった自分。選ばないことを選んだ自分を選んだ自分。

 

 

 

 

 

かつお節みたいなこと。削ったとこおいしいし、ダシでるし。猫はすきやし。

俺もすきやし。猫の話な。かつおもすきやけど。磯野君。不動産。世田谷区。

 

 

 

 

 

 

 

削った先には何かがあるけど。削ったものもしっかり拾っていきましょう。

じゃないと清掃員の人大変やから。鼻かんでポイってしたあかんで。

お尻ふいてもあかんで。反芻して出すのはいいけども。牛。胃いっぱい。

大食い。相撲取り。関脇関脇大横綱

 

 

 

 

 

 

 

尾張

のほほんのほほん

どーも西原です。

 

 

 

 

 

 

 

ってやつね。やつだよ。何だよ。文句あんのかよ。荒れてるよ。胃、荒れてるよ。

 

 

 

 

 

 

6月も5日が過ぎたけどあんまりちゃんと仕事してません。だらだらしすぎやね。

ちゃんと頑張ろう。お仕事いつでもご相談ください。ツイッターとか拡散してね。

お仕事あったら連絡してね。なくても感想自由に書いてね。

就活系、キャリア系、旅行スポット紹介とか色々やってます。よろしくです。

 

 

 

 

 

宣伝でした。こうやって書いてることが仕事に繋がればいいと思うね。

そういうご縁もおもしろいし、お金にもなるし。何より生活のためよね。お金になるし。

2回言うたよ。大事なことやから。2回言うたよ。

 

 

 

 

 

しくじり先生おもしろかったね。昨日の話やけど。今日録画したやつみたけど。

あっちゃん。前田じゃないよ中田だよ。武勇伝の人だよ。パーフェクトヒューマンの人だよ。

ピタゴラスの話してたね。ピタゴラスイッチの。かどうかは知らんけど。

 

 

 

 

 

ピタゴラスは宗教家やってんて。神様になろうとしたんやって。いいよね神様憧れるよね。

でも自分で自分を追い詰めて、結局地獄の門(豆の畑)の前で弟子にやられちゃったんやって。喉を。喉笛。ぴゅー。

 

 

 

 

 

小さな世界の神様は無数にいるよね。どの集合体にも。リーダーというよりも、もっと絶対的な存在の。もちろん信仰があってこそやけど。

会社の社長とかは小さな世界の神様よね。その教えに従って社員は働くわけやから。

お金のためにやけど。お金の神様。金神。めっちゃ光ってそう。

 

 

 

 

 

小さな世界の神様はたくさんいるのに、大きな世界の神様はほとんどいないよね。

仏教とか宗教はまだ小さな世界の神様やから。もっと包括的な、神様の神様みたいな。

ゼウスの上の神様とか。

 

 

 

 

 

神様は世界に光あれって言うて、光を与えたんよね。じゃあその光の前は?

闇は光が生まれてから生まれたから闇じゃないのよね。

光の前にあったのは混沌なのね。カオスなのね。これ山下澄人の小説で言ってたのね。

ダンスダンス。砂漠ダンス。

 

 

 

 

 

光の前は無やと思ってたけど違うんやね。混沌がずっとあったわけで。

混沌って世界はぐちゃぐちゃやったわけで。それをきれいに整理したのが神様で。

だから神様は調和をとる人なわけで。人じゃないか神か。

調和のとり方は色々で。壊すことで調和をとる破壊神もいるわけで。

 

 

 

 

 

大きな世界の神様は、だから世界全部の調和をとる神ってことで。

つまりそれは、地球なわけで。地球自体が神様っていうわけで。

僕たちは神様の上に住んでいるというわけでして。孫悟空みたいな。

釈迦の手の上で踊ってた。踊ってないけど。踊らされてた。踊ってないけど。闘ってたんやけど。

 

 

 

 

 

だから地球が最強やから大事にせなあかんよねっていうのほほんとしたお話でした。

やる気にならんから壮大なことばっか考えてる。それでやる気が出るんかは不明。

まずは自転を感じるとこから始めよう。第一歩めっちゃむずいわ。時速1400キロ。

ぐるぐる。重力感じて。体重ふやそう。どっしり構えていきましょう。

インスタ始めたからそっちもお願い。

 

 

 

 

 

 

おわりやと思う。

天使と悪魔

どーも西原です。

 

 

 

 

 

 

 

ってやつね。ここのネタもなくなってきたのやつね。

 

 

 

 

 

 

寒いから鍋しました。もう6月やのに。30度超す日もあんのに満場一致で。

昆布浮いてたわダシの。ダシ用の。おいしくいただきました。

スタッフはおらんかったけど。あとでじゃなくすぐ食べたけど。早食い。小食の。

 

 

 

 

 

 

昨日急にダークネスなの書きたくなったのよね。最近ほのぼののばっかり書いてるから。

善と悪みたいな根源的なこと。人間の本質。細胞のひとかけら。アメーバからの増殖。

人間の増殖。人類は増えても増やします。RADWIMPSね。結構出てくるね。おしゃかしゃま

 

 

 

 

 

 

天使と悪魔っているやん自分の中に。いやいるねんでみんな。知らんかもしれんけど。

ちゃんと挨拶しときやこんにちわって。多分変な人に思われるけど周りの人に。

まあいるやん天使と悪魔。それこそ善悪の基準みたいな。

お財布拾って警察に届けようとする自分と、お金抜き取って捨てようとする自分。

 

 

 

 

 

で、自分の中で天使と悪魔が戦って、勝ったほうの意見が人間の行動として発現するわけよ。多分ね。天使と悪魔が行動の指針とするならね。まあそうしようよ一旦。

天使はいいやつ、悪魔は悪いやつっていう認識やん。やったら悪魔追い出して天使だけにすればいいやんって思うやん?でもそれじゃ人間が崩れるんやと思うのね。

 

 

 

 

 

 

車の両輪みたいな感じ?善の車輪、悪の車輪があってそれが両方きちんと動いて人間は真っすぐ進めるっていうイメージやな。がちがちに善だけやと上手には進まれへんし、悪に傾きすぎると世界から受け入れられないよね。

善悪バランスよく進める必要があるわけよ。結局世界には悪があってしかるべきというか、もともと世界に内包された自然なものやから。

 

 

 

 

 

何の話かってこの善悪のバランスが人間のバランスになるわけね。悪に傾けば犯罪者。善に傾けばお人よしみたいな。犯罪者になるくらいならちょっと損するお人よしでいいやって思う人はいるかもね。

でも多分そんな多くないよね。もともと人間にだって悪は内包されてるから。

みんながお人よしならちょっとずるいぐらいが上手くいくって考える人のほうが圧倒的に多いよね。自然法的な感じで悪が存在することをもっと認識しないといけないよね。

 

 

 

 

 

大前提として世界に悪が内包されているって言うたやん?でも、世界に善は内包されてないねん。それはもともと弱肉強食っていうか、そういう自然のシステムに対して人間が善悪を振り分けたからっていうのもあるよね。

生に対して正直な行為を悪とか堕落としてしまって、耐えることを尊いこととしたから。

だから人間が、というか言葉の誕生が世界に悪を含ませたとも言えるよね。衝動自体は言葉の前からあるから一概にそれが全てではないけど。

 

 

 

 

 

 

このバランスが崩れるっていうのが、全体の量の増減じゃなくてその濃度とか強度の問題やと思うのよね。全体量は常に同じで、どっちかの内部に異常をきたしたから少しずつ人間が崩れていくっていう感じかな。

悪の濃度が濃くなればそれだけ行動の発現は悪に近づくし、善の場合もまた一緒。

 

 

 

 

 

問題は悪は過剰でも悪やけど、過剰な善は悪にひっくり返るっていうことよね。

おせっかいが過ぎればトラブルにもなるやん?簡単にいうとあんな感じ。

善悪は常に表裏一体のはずやのに、悪の方から善に裏返ることはないねん。

いかさまでコイントスしてるみたいな。それもまた世界のいたずらなんやろな。

 

 

 

 

 

 

どう転んでも裏になるコインを投げてんねんから。どうすれば、表になるんかを考えるんじゃなくて、裏に耐えるためには、それに対抗するためにはどうするかを考えるべきなんやろなって思う。

そう考えることが世界を憂う結果になっても、それが人間やから。

天使と悪魔を飼ってるのはやっぱり人間やから。

 

 

 

 

 

 

ダークネス。ってか概念的っていうか。悲観的な仮説。それほど悲観的とは思ってない。むしろ悲観的に仮説を立てて今後を考えるほうが楽天的、前向きな気もするけど。

たまにはそんなことも考えるよね。考えてる間は真剣そのものやから。

考えてないときも真剣やけど。常に。まじめ人間やから。咳きこむ咳きこむ。

 

 

 

 

 

 

 

おしまいまいつむり。

 

 

 

 

 

 

幕張メッセメッセ

どーも西原です。

 

 

 

 

 

 

ってやつね。ゃっ。反響してるよ。

11月の2日に幕張メッセに行くことにしました。

リンキンパークとワンオクロックが来るから。誰とも予定が合いそうにないので、単身。

ちょっと怖いな。あんまライブ行ったことないし、でかいとこやし。チェスター顔怖いし。悪い奴全員友達の顔してるもん。ヒップホップの流れ切れず。

 

 

 

 

 

 

メッセメッセの話は以上ね。迷わずいけるかなって感じよね。

人に聞けばいいか。それか悪そうな顔したやつについていけばいいか。

お金取られんように今のうちから体鍛えよ。マッスル。

筋肉置き去りにするスピード。だからガリガリやねん。

 

 

 

 

 

中途半端な宝塚ファンいない説について論じてみようかと思う。

論客がいるかは分からんけど。多分いないけど。宝塚。

宙。雪。星。とか壮大。後は忘れた。脳の衰退。記憶の末路。

sweet memories.甘くすんなよ、砂糖控えめ。

 

 

 

 

 

 

 

宝塚ファンって激烈よね。別に批判してるわけじゃなくて。

宝塚ファン=ディナーショーは絶対行ってる。ポスター観たら心臓跳ねるみたいな。

まあ心臓跳ねてんのは見えてないねんけど。っていうか心臓見えてないねんけど。

どっくんどっくんじゃなくて、どっこんどっこんみたいな。破れる寸前。

心臓の中太鼓の達人。太鼓はいつもバチで叩かれております。一休さんね。

 

 

 

 

 

 

で、何がそんなに宝塚ファンを湧き立たせてるのかって、煌びやかな世界観とか、美しい人が多いとか、女性やのにカッコいいとか色々あるけど、多分希少性やと思うんよね。

単純に珍しいもの見たっていう興奮が激烈の要因かと。

 

 

 

 

 

 

簡単に言うと、ツチノコ発見!みたいな。まあツチノコでどれくらいの人がテンション上がるか知らんけど。っていうかツチノコっていう判断がつかんけど。

宝塚ファンの人ごめんね。ツチノコと一緒にして。

とにかく希少性の現れが宝塚を神格化させているのね多分。

 

 

 

 

 

あと限定性。東京にも宝塚あるけど、やっぱり宝塚だけやん本場は。

そういう物理的な限定性、女性だけっていう縛り。閉鎖された世界。

それが宝塚の脅威的な爆発力を生んでいるのよねきっと。きっと。

ボム。マッチ。マッチでつけたら危ないで。もっと遠くからチャッカマン。そんなに変わらん。ボムあかんで、爆発するから。

 

 

 

 

 

 

 

閉鎖っていうの圧倒的に感情の爆発力を生むものなのよね。

身内ネタは面白いみたいな。自分らだけの世界を楽しんでいるっていう優越感というか、世界を矮小化する背徳感みたいな。だからファンは中途半端にならないんよね。

ガチか無か。語彙力の急速衰退。概念に脳費やしすぎの舞。ダンスダンス。

 

 

 

 

 

 

 

だから逆に中途半端なファン増やそうと思ったらその閉鎖性を解いたらいいんよねきっと。

全国に劇場作って、男の団員もいっぱいいれて。宝塚市の人は全員宝塚の格好して。

最初は盛り上がるかもね。でも多分爆発力はなくなるね。

ラララー言うて。みんな老いも若いも。酸いも甘いも。お芋お芋。甘なった。尼なった。

 

 

 

 

 

 

で、何かって。爆発的に売れようと思ったら、誰もやってない路線で、簡単にまねできなくて、かつ少数の限定的にやればってことよね理論は。

ゲリラ。みたいな。ゲリラはやりつくしてるか。ゲリラじゃないゲリラ的に。

やからゆっくりじんわりとか。何やるかばればれぐらいのスピードで。

っていうかばれてんで自分っていう感じで。わっ!っていやびっくりせえへんよ。知ってるもん脅かそうとしてんの。

 

 

 

 

 

 

無理やな。売れるんわ難しいってことや。カリスマ性がないと。

カリスマ性欲しいって言うたらカリスマっぽくないから欲しくないって言お。

でも、ちょっとだけ言お。目つぶってちっちゃい声で。道の片隅で。

雑草に水やって。すくすく育てよ。ニョッキ。パスタの一種みたいなん。お湯やらな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンドオブエンド。

ろっくんろーる&ろっくんろーる

どーも西原です。

 

 

 

 

 

 

ってやつね。やつね&やつね。

 

 

 

 

 

 

一泊二日で東京行って合計30キロぐらい歩きました。

友達も色々元気にしてました。飛行機で行きました。

だから飛べ、誰よりも高くやったんよね。謎解き。伏線。HUNTER×HUNTER連載再開らしいね。

 

 

 

 

 

 

東京の話は以上です。あとの感想は特に他愛のないものばかりなので省略します。

(エレベーター左側やん。人多いな。)

省略してないやん。ってかそれだけかいって思うかもしれんけどそんなもんよ。

原宿行ってもりゅうちぇるおらんかったし。別にそんなファンでもないけど。

 

 

 

 

 

 

人間の耐久力ってどんなんやろなって思ってん。

またこの耐久力をどう設定するにもよるんやけど。指標は色々あるよね。

肉体的、精神的、経済的、社会的、相対的に絶対的なのが人間的かな。

最後のは語呂がいいから言うただけで意味は分からんけどね。韻踏んでる?猫踏んでる?どっちも音楽やで。

 

 

 

 

 

 

肉体的やったらパンチ何発、キック何発、何Gまでとか物理的な感じかな。

絞め技とかもか。刃牙みたいな話。超人よねあいつら。なれるなら裕次郎がいいな。

石原の。スターやから。あんま知らんけど。ブランデー飲むんちゃう?勇次郎もか。

みんな飲むけどブランデー。たくさん飲んだらあかんで。韻踏んでるで。ラップやで。

 

 

 

 

 

 

精神的は何やろな。恋人に振られるとか、宝物なくすとか。

単体ではあんまり思いつかんわ。精神的+他のやつの出来事多いから。

世の中複合的。複雑怪奇。迷路。出口のない迷路。それはもうただの家。

 

 

 

 

 

 

経済的とかはわかりやすいね。財布落とすとか、給料袋落とすとか。家燃えるとか。

精神的にもくるよねこれら。生活の基盤をしっかりさせるためには経済がしっかりしてなあかんから。経済がしっかりせんなったら、日常にダメージあるよね。

お金があるから人は病むねん。一回全部お金くれたらみんなに平等にあげるのに。

手数料だけもらうけど。

 

 

 

 

 

それか全部失くしたらいいねん。ゴミの日に出したらあかんで。

ゴミ清掃員の人が働かなあかんから。その人の給料発生するから。

価値観の消去。コイン、紙くず。鼻かんでぽい。

 

 

 

 

 

 

社会的には何やろ。仕事クビとか。逮捕とか。それも精神的にくるよね。

結局精神に支えられてる部分が大きいね。圧倒的精神論。

 

 

 

 

 

 

で、どこまで耐えれるかよね。耐久力。耐久力の話。

人それぞれ耐久力が、まああるよね多分。その耐久力を超える衝撃が加わったらどうなるんか。

 

 

 

 

 

肉体が破壊されたら。精神で持ちこたえるみたいな感じ。

精神が崩壊したら、肉体が生きるみたいな、心と体、人間の全部が助け合うんやろな。

宮崎あおいちゃうで。オリンパスちゃうで。どっちかっていうとオリンポスやで。

神様みたいな話。オーマイゴッド。ブレスユー。くしゃみしたら言うんやで。

 

 

 

 

 

 

経済的、社会的に関してはちょっとよく分からんよね。

耐久度を超すっていうのもよく分からん。壊れるっていうのか、なんというのか。

そもそももともと無いものが壊れたからってなんやねんって。

だって一応余計なものやねんで。あとから作ってんから。

 

 

 

 

 

 

ロックな話でした。ひらがなにするとなんでもかわいいよね。

ロックの概念を覆すろっく。叩かれそうやから億劫。でもショック与えるために滑空。

韻踏んでるよね。小さな声でシャウトするわ。がらがらがらって。健康のためにうがいするみたいに。腰に手を当てたカバ。風邪の味。あったかくして寝る。

 

 

 

 

 

 

終い

 

 

 

飛べ、誰よりも高く

どーも西原です。

 

 

 

 

 

 

 

ってやつね。最近文量増えてきたよね。頭から零れるままに書いてるけど。

 

 

 

 

 

 

他の人のブログを散策してるとおもしろいの見つけた。

色々見てみるもんやね。こっちにも見に来てね。

これ読んで見に来てね。不可問い。

 

 

 

 

 

Wikipediaって名詞だけじゃなくってこういう文章もあるんやって知った。

まあこれはこういう問いやからそのまま文章でも仕方ないねんけど。

なぜ何もないのではなく、何かがあるのか - Wikipedia

 

 

 

 

 

 

問い自体はそのままよね。何もない状態ではなくて、何かがある状態がデフォルト。

何かある。ミニマリストもなんか持ってる。少なくとも家は。

 

 

 

 

 

 

なぜの問いを繰り返すんやって。なぜ宇宙はあるの。なぜ地球はあるの。なぜ無ではないの。ねえねえどうして。うるせえトットちゃんかお前は。

おかっぱ。ユネスコ。なぜ早口なの。

 

 

 

 

 

 

なぜを突き詰めるとこの質問にぶち当たるんやって。最終的な着地点はそらでかいわ。

何かがある。という状態がなぜあるのか。思考の原点よね。

存在自体より存在の理由を問われることが難しい。まあどっちも難しい。

まさに哲学的。幾多あまたの問い。不可問いまさしく。

 

 

 

 

 

とどのつまりってことすら飛び越えたその先やから人智を超えてるよね。

人間を万能と思わずその存在を貶めたら理解不能で解決できるけどそれやと芸がない。

進化がない。飛んでない。飛べ宇宙まで。酸素ボンベは重いぞ。

 

 

 

 

 

 

宇宙まで飛んだらどの地点が一番上とかないよね。上も下も多分そういう概念から外れた場所なんちゃう。行ったことないから知らんけど。地球から離れた距離がそのまま高さとするなら別やけど。高さの汎用性。高さの脆弱性でも同時にあるけど。

単位にケチつけんなよって。コスモコスモ。でかい心で許してちょんまげ。侍。切腹

 

 

 

 

 

 

 

昔の人は神様をもとに考えたらしいね。神は全能であるっていう前提があって、できないこととか不都合があると神は全能ではない。ゆえにこの世界は不完全。答えのでない問いがあって当然。人間だものって。可哀想な神。

 

 

 

 

 

 

神が全能じゃないんじゃなくて、神の素晴らしいお言葉を理解できない人間が悪いとする説もあるけどね。だから人間はとにかく努力するみたいなやつ。

結局大抵は頑張っても認めてくれない神は全能ではないってするんやけど。

全能じゃない人間が神が全能って分かるわけないやん。たわけ。単純に。

でも、理解できないような人間を作った神がやっぱり悪いってさ。言い訳は全能か。

 

 

 

 

 

 

無いことが無いって言った哲学者もいるよね。ベルクソン。読んでみたけど難しい。

解釈の余地が無い。無いことも無いって言うてるやんけ。

無って言葉自体怪しいからな。無いのに何でその状態を表す言葉はあんねん。

まだあるんちゃうんけ。ジャンプしてみ。チャリンチャリン。やっぱあるやんけ。

1800円。小銭にしては持ちすぎやろ。なめとんか、ぼけ。ってな具合に。

 

 

 

 

 

 

欠陥だらけやから人も世界も、だから飛ぶねん。誰よりも高く。Fly Higher.

上から眺めるのが一番早いから。その考えもすでに欠陥。欠陥住宅。白アリ。羽アリ。亀有。こちかめも終わったね。

 

 

 

 

 

羽あっても疲れるから多分飛ばへんわ。めっちゃ見られるし。撃たれるかも。

悪意に。悪意の弾丸に。どこでもドアめっちゃほしい。ドラえもんに会いたい。

 

 

 

 

 

 

ドラえもんに会ったらめっちゃ仲良くすんねん。

ドラ焼きおごったろ。ええやつ。おいしいやつ。縁側で食べんねん。

 

 

 

 

 

 

エンディングです。