こーだいなブログ

兵庫県在住フリーライターによる日常の思索のブログです

抱擁あるいは、ライスには塩を「江國香織」

どーも西原です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ってやつね。いい加減分かってきたよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルつけるのって難しいと思う。ブログのタイトルもやし、メールの件名とか。

バンド名なんかもどうやって決めてるんやろな。バンド名決められへんからバンドも始められへんよね。それは嘘よね。

 

 

 

 

 

 

 

 

江國香織さんの本がすきで結構読んでるんやけど、そういえば一番最初は何から読み始めたんかなって思って。

本棚見てたらやっと思い出して、それがタイトルの「抱擁あるいは、ライスには塩を」やってん。

 

 

 

 

 

 

 

 

これなんかどうやってつけたんやろって思うわ。一応作中で触れられてるとこもあるけどね。それでもなんか衝撃で思わず買っちゃったよね。

タイトル買い?ジャケ買い?とりあえずお金を払ったのは確か。

 

 

 

 

 

 

 

 

動物の死んだふりってよく分からんよね。食べることを目的にしてるんやったら死んでたほうが都合いい気するけど。やっぱり鮮度が大事なんかな。

バンナとか冷蔵庫ないし。冷蔵庫入れても鮮度ってぐんぐん落ちるから要注意よ。

 

 

 

 

 

 

 

 

話題も唐突に変えると鮮度があっていいんかなって思ってん。

あんまり?それとも新鮮過ぎて捕まえられへんとか。活きがいい。

海鮮居酒屋。魚市場。

 

 

 

 

 

 

 

 

刺身とかって関西人は噛みごたえがあってぶりぶりのほうがいいんやって。

関東人は柔らかいほうがすきらしい。ぶりぶりのほうがいいよね。ぶりぶりのぶりとかいいやん。お値段は安めにしてほしいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

女性に対してもぶりぶりって表現使うよね。ぶりっ子とかそんな感じ?

ぶりぶりの男はただの快便男子よね。結構多いよね快便男子。

男は便秘のほうがまれらしいで。基本的にぶりぶりやで。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の話は水に流してもらっていいよ。