こーだいなブログ

兵庫県在住フリーライターによる日常の思索のブログです

生命の源の話

どーも西原です。

 

 

 

 

 

 

 

ってやつね。ってやつですけどなにか?おぎやはぎみたいね。

 

 

 

 

 

 

 

髪切ったら髪の毛ばさばさやったことに気が付いた。

地元の散髪屋で。左におばあさん。右に少年。多世代か客。

シャキーン。はさみの効果音ね。

 

 

 

 

 

 

髪の毛ばさばさっていうのは何かが足りてないんやろね。

栄養素。ビタミン。鉄。何か。もうないん栄養素。

 

 

 

 

 

栄養素は生命の源やから。っていうのが今日の話。ヘヴィーだろ。

生命の源。根源。エネルギー。スピリチュアルな話ではなくて。

 

 

 

 

 

 

何をもってエネルギーとするかよね。単純に動けるエネルギーなのか。

やる気なのか。行動力とかそういう精神的なやつか。

エネルギーの定義。電力。火力。原子力

 

 

 

 

 

人間のなかのエネルギーをなんとするかで人生変わってくるよね。

それが人生をつくる根源になるから。人生をつくつのが自分でないとしたら話は別やけど。

自分の人生と自分の命は別物って中村文則が言ってた。大胆。

 

 

 

 

 

 

まあ実際のところ自分で人生をつくるとしてエネルギーが何か。

単純に動けるだけで生命とするなら。動物的な要素が強くなるよね。

生命の傀儡。エネルギーの傀儡。入れ物としての人間。

 

 

 

 

 

 

やる気とかそういう精神的なものが生命とするなら。人間的な要素は強くなるかな。

人間とは考える葦であるやから。われ思うゆえにわれ在りやから。誰やっけ。

有名な人。忘れた忘れた。でも言葉は残ってるからセーフ。

 

 

 

 

 

 

ただ動物的に生きることを考え続けて、それが生命であると自分が思ったら。

動物的な、というか命の入れ物としての要素が強くなってくるかな。

結局考え方次第ってとこは大きいよね。

 

 

 

 

 

 

命の定義。人間の定義。定義の定義。定義づけできないことの定義。

言葉に縛られてるのが人間かな。

 

 

 

 

 

 

結論僕は人間です。RADWIMPSみたいに言わないよ。

僕は人間じゃないんですとは言わないよ絶対。

マッキーやん。頑張って2曲脳内で再生してな。CD買ったら高いで。

 

 

 

 

 

 

 

おしまいの舞