こーだいなブログ

兵庫県在住フリーライターによる日常の思索のブログです

飛べ、誰よりも高く

どーも西原です。

 

 

 

 

 

 

 

ってやつね。最近文量増えてきたよね。頭から零れるままに書いてるけど。

 

 

 

 

 

 

他の人のブログを散策してるとおもしろいの見つけた。

色々見てみるもんやね。こっちにも見に来てね。

これ読んで見に来てね。不可問い。

 

 

 

 

 

Wikipediaって名詞だけじゃなくってこういう文章もあるんやって知った。

まあこれはこういう問いやからそのまま文章でも仕方ないねんけど。

なぜ何もないのではなく、何かがあるのか - Wikipedia

 

 

 

 

 

 

問い自体はそのままよね。何もない状態ではなくて、何かがある状態がデフォルト。

何かある。ミニマリストもなんか持ってる。少なくとも家は。

 

 

 

 

 

 

なぜの問いを繰り返すんやって。なぜ宇宙はあるの。なぜ地球はあるの。なぜ無ではないの。ねえねえどうして。うるせえトットちゃんかお前は。

おかっぱ。ユネスコ。なぜ早口なの。

 

 

 

 

 

 

なぜを突き詰めるとこの質問にぶち当たるんやって。最終的な着地点はそらでかいわ。

何かがある。という状態がなぜあるのか。思考の原点よね。

存在自体より存在の理由を問われることが難しい。まあどっちも難しい。

まさに哲学的。幾多あまたの問い。不可問いまさしく。

 

 

 

 

 

とどのつまりってことすら飛び越えたその先やから人智を超えてるよね。

人間を万能と思わずその存在を貶めたら理解不能で解決できるけどそれやと芸がない。

進化がない。飛んでない。飛べ宇宙まで。酸素ボンベは重いぞ。

 

 

 

 

 

 

宇宙まで飛んだらどの地点が一番上とかないよね。上も下も多分そういう概念から外れた場所なんちゃう。行ったことないから知らんけど。地球から離れた距離がそのまま高さとするなら別やけど。高さの汎用性。高さの脆弱性でも同時にあるけど。

単位にケチつけんなよって。コスモコスモ。でかい心で許してちょんまげ。侍。切腹

 

 

 

 

 

 

 

昔の人は神様をもとに考えたらしいね。神は全能であるっていう前提があって、できないこととか不都合があると神は全能ではない。ゆえにこの世界は不完全。答えのでない問いがあって当然。人間だものって。可哀想な神。

 

 

 

 

 

 

神が全能じゃないんじゃなくて、神の素晴らしいお言葉を理解できない人間が悪いとする説もあるけどね。だから人間はとにかく努力するみたいなやつ。

結局大抵は頑張っても認めてくれない神は全能ではないってするんやけど。

全能じゃない人間が神が全能って分かるわけないやん。たわけ。単純に。

でも、理解できないような人間を作った神がやっぱり悪いってさ。言い訳は全能か。

 

 

 

 

 

 

無いことが無いって言った哲学者もいるよね。ベルクソン。読んでみたけど難しい。

解釈の余地が無い。無いことも無いって言うてるやんけ。

無って言葉自体怪しいからな。無いのに何でその状態を表す言葉はあんねん。

まだあるんちゃうんけ。ジャンプしてみ。チャリンチャリン。やっぱあるやんけ。

1800円。小銭にしては持ちすぎやろ。なめとんか、ぼけ。ってな具合に。

 

 

 

 

 

 

欠陥だらけやから人も世界も、だから飛ぶねん。誰よりも高く。Fly Higher.

上から眺めるのが一番早いから。その考えもすでに欠陥。欠陥住宅。白アリ。羽アリ。亀有。こちかめも終わったね。

 

 

 

 

 

羽あっても疲れるから多分飛ばへんわ。めっちゃ見られるし。撃たれるかも。

悪意に。悪意の弾丸に。どこでもドアめっちゃほしい。ドラえもんに会いたい。

 

 

 

 

 

 

ドラえもんに会ったらめっちゃ仲良くすんねん。

ドラ焼きおごったろ。ええやつ。おいしいやつ。縁側で食べんねん。

 

 

 

 

 

 

エンディングです。