こーだいなブログ

兵庫県在住フリーライターによる日常の思索のブログです

サマーさまさま、うみんちゅウォンチュー

こんばんわオルゴール博士です。

 

 

 

 

 

 

どーも西原です。

ってやつね。ものすごいやつね。ものすごいって勢いの割にはちゃっちくなるよね。

 

 

 

 

 

 

 

8月になりました。8月になってから5日も立ちました。もうすぐ盆で正月でボンやね。

意味は帰って調べてね。意味があるかどうかは君の心に聞いてね。

 

 

 

 

 

 

またnote書いてます。見てね。読んでね。鼻かんでポイってしないでね。

今回はエッセイみたいな感じで書いてまっせ。まっせまっせ。

note.mu

 

 

 

 

 

 

 

夏ということで夏らしいことというのを調べてみました。

海に行く、山に行く、川に行く、森に行く、プールに行く。

釣りをする、バーベキューをする、ドライブをする。

 

 

 

 

 

まあこれぐらいは分かるよね。夏やし、大体そうやんってなるし。

イデアで出るやんこんぐらいは。もっとちゃうこと知りたいねん。

 

 

 

 

 

 

サザンを聴く、TUBEを聴く、花火を見る、花火をする。

風鈴の音を聞く。髪を短くする。金髪にする。節電をする。

 

 

 

 

 

 

何か後半から意味わからんよね。でもこれ調べたら全部出てくるからね。

夏らしいことで。結局夏ってのは僕らの心の中にあるもので、何を夏と捉えるかは自分次第ってとこもあるよね。

 

 

 

 

 

 

例えば春に花火しても秋に花火しても冬に花火しても、花火を夏と捉えるならその瞬間は夏よね。

花見してても、いやー夏だねって言やあ夏だよね。まあ気持ちは。

 

 

 

 

 

夏の象徴ってだから暑いことやと思うねん。

暑さは夏であって、それ以外は夏の追加要素に過ぎないってことよね。

 

 

 

 

 

暑けりゃ夏、それ以外は別の季節という結論に至ったわけです。

じゃあ春は秋は冬はということやね。

 

 

 

 

 

春はまあ暖かいよね。秋は涼しいよね。冬は寒いよね。

季節は体感温度で基本的に構成されているということよね。

つまり季節は皮膚感覚から生まれているということに他ならないということです。

 

 

 

 

 

日本は四季折々、季節が豊かな国と言われているけど、基本的には日本人のそれぞれの皮膚から豊かな季節が生まれているということになります。

日本の季節をつくっているのは他ならぬ僕たち自身というわけです。

 

 

 

 

 

 

夏っぽいことしたいなあ、というのは暑い、いや熱い気持ちになりたいなあということで、それはつまり、ホップしてステップして、シェイクバディということです。

踊る、というのはそれはそのまま体温の上昇ですから、夏とはつまりダンス。

夏とはつまりダンス、なのです。盆踊り。ボンボン。お金持ちの夏。

 

 

 

 

 

 

 

おしまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい